免疫力アップに亜鉛がいい

亜鉛は広く細胞全体に存在し、DNAやタンパク質の合成に関与する働きを持っていると言われています。

血しょう中の亜鉛は、アルブミンなどのタンパク質と結合していて免疫機能に関係します。

また、糖代謝にも必要とされインシュリンの合成や作用発現に欠かせないミネラルなのです。

そして、亜鉛の所要量は鉄と同じぐらいと言われており、尿や汗の中に排出される量は鉄の10倍も多く、ダイエットや運動によって不足しがちになってしまうという特徴があります。

亜鉛はDNAやタンパク質の合成に関係している細胞分裂に必要なため、不足してしまうと免疫機能が低下してしまいます。

ですので、免疫力アップを図りたいのであれば亜鉛を摂ることがおすすめですね。

なにしろ亜鉛はいくつかの方法で免疫システムが細菌をやっつけるのを手伝ってくれますからね。

例えば、ヘルペスや風邪の原因であるウイルスが持つ増殖して感染を広める能力に直接的に働きかけて弱めてくれます。

さらに侵入してきた病原菌を発見して破壊する免疫細胞の働きを促進し、免疫システムの大事な機能を支える効果もあるのです。

日々の亜鉛不足を補うためにサプリメントを利用することも一つの方法だと思います。

亜鉛に関しては、"精力サプリメントの効果"というサイトが亜鉛の効能や口コミ情報が豊富ですよ