エナジードリンクと精力剤の違い

近年になって需要を伸ばしてきた清涼飲料水と言えば、『エナジードリンク』が有名ですよね?エナジードリンクはその名前の通り、『栄養剤というほどじゃないけど、元気になりやすいジュース』という立ち位置で、主に「もうちょっとだけ頑張るか」という若者に人気です。

エナジードリンクは味についてもほどよく刺激的で、癖になるという人もいます。また、元気が出そうというイメージから「これから恋人と会うので、エナジードリンクを飲んでおこう!」という人もいるでしょう。つまり、精力剤っぽい働きも期待されやすいのです。

まず、エナジードリンクの成分についてですが、こちらは『カフェイン』が多くなっています。カフェインを含む精力剤もたくさんあるのですが、エナジードリンクはカフェインを目的に飲む人が多いように、それ以外の栄養素は期待できません。

ちなみにカフェインには覚醒作用があるため、眠気を吹き飛ばすという意味ではエナジードリンクも役立つでしょう。ただし、精力剤と考えると『カフェインだけではムラムラしない』というのが実情であり、精力目的でエナジードリンクを買うのは間違いなのです。

また、エナジードリンクは名前の通り液体ですが、精力剤の多くは錠剤タイプになっています。これはサプリメントとして毎日続けるのが大切だからであり、エナジードリンクはあくまでも嗜好品としての側面が強いのです。

ここまでの説明でもうお分かりだと思いますが、恋人との熱い夜を過ごしたい場合、エナジードリンクでは役に立たないことが多いでしょう。カフェインのおかげで眠くなりにくいため、多少の疲れなら緩和できるかもしれません。

なお、エナジードリンクはカフェインが多く糖分なども気になるため、常飲するなら栄養バランスを意識しないといけません。サプリメントならそういった栄養の過剰摂取も起こりにくいため、常用する場合でも精力剤のほうがいいでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です